スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題其の2

2007–04–24 (Tue) 20:49
えーリハビリ兼ねて、お題消化を再開します。
(バトンはちょっと、何処で名前を挙げて貰ったか判らなくなってしまって…;汗)す、すません。

興味のある方、以下からどうぞ!

運命終了後の

アス←キラ+カガリ。怖がる事はないのだと、貴女は確かに言った。
傷つけるものは何もないのだと。












『…で、彼は此処に残るの?』


静まり返った空間で、ため息と共に齎された言葉に、部屋主である少女は小さく頷く。
周りにある機器が微かに明かりを灯し、まだ幼さを残す少女を浮かび上がらせるが其の表情までは判らない。
けれど、誰よりも近しい少女の表情を読み取る事など、彼には雑作無かった。
眉間に微かな皺を寄せるであろう少女に、キラもまた小さく笑み返す。


『…あっちにはイザークもディアッカもいる。…帰れない訳ではないんだ…』


一言一句、確認する様に零される言葉。
其処に意味される想いに、キラも深い吐息を落とした。


此処数年で繰り返された過ち。
激動する中で2度も故郷を追われた少年の哀し気な瞳が脳裏を掠める。

己の正義を信じた故の行為。
其れでも、一兵士としては有り得てはならない行為。


『…ただの一市民として帰る事ならば出来るかもしれない』

『…此処に居たように、名を変えて?新しい名前も戸籍も用意しても無駄な事は君が一番判っているのに?』

『…キラ!!』

遮る様に齎された強い言葉に名を呼ばれた少年は曖昧に頷いた。

『…彼は目立つからね。…本人の意思とは関係なく。其れだけの事をして来たって言われれば、そうなのかもしれないけど…』


誰よりも己の運命を享受し、抗った幼なじみの姿がはっきりと浮かび上がる。
いつものように哀し気な笑みを漂わせた少年の姿が…。

名も知らぬ相手の血を、
己自身の紅を、
其の身に染め上げて、戦いに挑んでいた姿を。




『…それでも、私は帰してやりたい』



凛とした聲と姿は、自分に何よりも近いもの。
其れでも決して同じにはなれない存在の強い言葉に、其の顔が上がる。


『…あいつも幸せになるべきだ。…此処よりも故郷と呼べる大地へと…』



『…本人が望んでいなくても?』


何も考えずに形を成した言葉に、少女はゆっくりと微笑みながら頷き返す。
…其処に母性という名の残酷さを閉じ込めて。

『…だから、きっと何とかなる。あいつは決して一人じゃない。…シンもメイリンもいる。…其れに、向こうには、ラクスも帰る』

何かを隠す様に瞳を閉じ、悠然と少女は言葉を紡ぐ。
ちくりと刺す痛みに、キラは目を細めた。

『…アスランが一番望んでいる事を、君が取り上げるの?』

悩んで。
何処までも悩んで…。

決断した想いの形をずっと隣りで見て来たこそ、少女の想いも其処に秘めた願いも判る。

そして、彼もまた。

彼女と離れていた事で気付いた想いと願いがある。


『…カガリ。…もう誰も君から奪わない』

『…キラ?』

『…君はもう何かを見失っていたあの頃の君じゃない。きちんと大地に脚を付けて立っている』

微かに震える指先を絡め、潤み始めた瞳を閉じ込める。



『…君にだって幸せになる権利はあるんだから』



だから、どうか自分から幸せの欠片を投げ出さないで。






其れはいつかの言霊。
大切なものを、心を失った自分に与えられた言葉。
だからこそ、其の重みが一層判る。




『…たくさんの命が消えた。…だからこそ、僕等は幸せに生きて行かなくちゃいけない』



いつか、少女から与えられた言葉を少女へと還す。
其処にある運命事受け止める様に。


『…どうか、怖がらないで…』

『…キラ…』

『…アスランの代わりに、僕が行く。…ラクスを守ると僕は約束した。…アスランが君に誓った様に。…僕ももう逃げないよ。カガリ…』




運命は切り開いて行くものだと、教えてくれたのは君だから。

だから、君はその言葉に隠された真実に気付いて。

『…だけど、おまえ…それじゃ…』

『…大丈夫。僕はもう戦える。誰でもない僕が選んだ事。君が戦う事を選んだあの日から…変わらない。…変わらないまま生きて行ける。…だから…』



だから、どうか…






傍に居ることを怖がらないで
スポンサーサイト

« お題。 | HOME |  旅行☆ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://lastquarter0401.blog67.fc2.com/tb.php/145-135228fd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

カウンター

カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。